スポンサードリンク

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

携帯パケット通信、高額請求のトラブル増加

朝日新聞にも載っていましたが、パケット定額の適用範囲をきちんと認識していないために、高額な請求を受けてトラブルになるユーザーが増えているようです。

パケット定額は、基本的に、携帯だけをつかっての通信(iモード、ezWeb、Yahoo!ケータイでいいのかな?)とEメールの送受信に限られます。

携帯を使用してPCでインターネットにつなぐ場合は、適用外になりますし、海外でのeメール使用やWeb使用も適用外になるので、注意が必要ですね。

携帯パケット通信、高額請求のトラブル増加

 携帯電話のパケット通信料が高額になり、トラブルになるケースが増えている。

 5日、国民生活センターの調べで分かった。いくら使っても一定額となる定額料金制度を利用したのに、対象外の通信だったため120万円を請求されたケースもある。

 全国の消費生活センターに寄せられたパケット通信を巡る相談は2006年度(2月末現在)は754件で、前年同期比8%増えた。平均請求額は04年度には月約8万円だったが、06年度には約16万円と高額化している。特に利用額が増えるのは、携帯電話をケーブルでパソコンにつないでインターネットをした場合。定額制を利用していても、主な携帯電話会社は、パソコンと接続した通信は定額制の対象外としているからだ。

 就職活動中の女子学生は携帯電話をパソコンにつなぎ、ネットで情報収集していたらパケット通信料が120万円になった。20代の男性も同様に約6時間ネットをしただけで98万円に。海外での使用も定額制の対象外。30代の男性は日本で契約した携帯電話を海外でネットに接続したら、帰国後13万円を請求された。

 国民生活センターは、携帯会社に料金制度を分かりやすく説明するよう求めるとともに、利用者にも注意を呼びかけている。
(2007年4月6日0時57分 読売新聞)
スポンサーサイト

| ケータイニュース | 11時27分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://keitaidenwa.blog3.fc2.com/tb.php/131-4aae55f2

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。