スポンサードリンク

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

KDDI、米国で携帯事業に参入 他社の通信網活用

KDDIがアメリカで携帯事業に参入するそうです。

既存の通信網を活用してのサービス提供となるようですが、アメリカ在住の日本人が、日本語の入力ができる端末が使えるようになると言うのは、非常に便利ですよね。

レンタルでも借りられるようにしていただけると非常に助かるんですけどね。
特にハワイなどに行ったときに、借りる端末はすべて英語ですから(当たり前ですが)、メッセージを送るにも一苦労でした。

KDDI、米国で携帯事業に参入 他社の通信網活用

2007年04月08日16時51分

 KDDIは今月中旬から、米国で携帯電話事業に本格的に参入する。米携帯電話大手スプリント・ネクステルの通信網を使い、独自の新ブランド「KDDIモバイル」として提供する。日本の事業者が海外で自前ブランドの携帯サービスを行うのは初めて。将来的には欧州、アジアなどでのサービス展開もにらみ、米国で海外事業のモデルづくりに着手する。

 既存事業者の通信網を借りてサービスを提供する「MVNO」という方式で参入する。事業は現地子会社のKDDIアメリカ(本社・ニューヨーク)が運営。すでにアラスカ州を除く全米49州で事業免許を取得した。

 当面は米国在住の日本人をターゲットとする。米国で一般的な長期契約の後払いプランを今月中旬から提供し、本格展開を始める予定だ。短期滞在者や旅行者などを対象としたプリペイド(料金前払い)型のサービスは、すでに3月中旬から始めている。

 日米で通信方式が異なるため、日本のauブランドは使わない。携帯電話機もau向け端末でなく、スプリントが使っている三洋電機製や韓国LG製の端末を使う。6月にも日本語の入力や表示ができる端末を投入する計画だ。

 日本人向けの着メロやゲーム、若者に人気のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)などのコンテンツも順次提供する計画。日本のSNSも使えるようにする方向で検討している。日本向けの格安な国際通話ができるプランも提供する。

 韓国、ベトナム、中国系など在米アジア人を中心に順次顧客を広げ、将来は米国にも、日本の「ケータイ文化」を根付かせることを狙う。 日本の携帯電話産業は高い技術を持ちながら、通信方式が欧米と異なることなどから海外での普及が進んでいない。日本の携帯電話機メーカーの販路も国内偏重だ。KDDIの米国参入は、「内弁慶」だった日本の携帯産業が、海外に進出する突破口になる可能性がある。



asahi.comより
http://www.asahi.com/business/update/0408/TKY200704070242.html
スポンサーサイト

| ケータイニュース | 11時54分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://keitaidenwa.blog3.fc2.com/tb.php/132-29af3562

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。